健康的に痩せるためのダイエットを考える!TOP > 正しいダイエット法 > 大幅な食事制限はダメ!

 
その昔、私がダイエットを決心した時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増加して体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早めのウォーキングを30分以上実行しました。

私の場合、これを毎日、毎日実行することで、2か月で3キロのダイエットができましたが、継続することは大変なことでした。

それでも、ダイエットする前は、二の腕やウエストはもちろん、顔の頬や顎にも脂肪がついて太くなってぷよぷよで、何とかスリムになりたいなと、思うのですが、なかなか、運動する余裕がありませんでした。

そんな時こそ、あまり苦労しないでスリムになる薬が、あったらいいのになと思いました。

大変な思いをしないでスリムになる薬があるのだったら、万札の1枚や2枚、払う覚悟はありましたね。

それくらいせっぱつまった思いでした。

でも、今は、基礎代謝の数値を知ることで効果的で効率のよいダイエットを実践しています。

基礎代謝量の知識なしでは、必要な摂取カロリー量を理解することはできないので、ダイエットにはとても重要で、若い頃のような激しいダイエットをすることが、体に無理ができなくなった分、常時冷静に数値と向き合っていきたいと思う日々です。

現在、減量を目指すには筋肉を付けて基礎代謝量をあげて燃えやすい状態にすることが最も重要なポイントになっています。

それでは、どんな筋トレが求められるのでしょうか?

有酸素運動は、脂肪燃焼するという結果が出せますが、あまり熱心にやりすぎると、逆に筋肉も燃焼してしまい、基礎代謝量を低下させてしまいます。

まず最初に、スクワットや腕立て、腹筋などの筋力トレーニングをしっかり行い、その後に、有酸素運動を行うのが結果が出やすいようです。

ただし、長く継続できるように、楽にできる自分のペースを守って下さい。

そして、注意が必要なことは、大幅に食事制限をしてはならない、ということです。

確かに、大幅に食事量を制限すれば、体重は落ちていきますが、脂肪以上に筋肉のほうが多く消費されてしまいます。

さらに、こうした無理な食事制限は、いつまでも続けることができないので、止めた途端に筋肉量が減少して基礎代謝量が低下している状態の体は、あっという間にリバウンドで激太りしてしまいます。

しかし、無理な食事制限はダメですが、毎日の摂取カロリーが消費カロリーを上回っていては、痩せることはできません。

1日当たりの総摂取カロリーが、消費を上回らないように、しっかりと毎日の食事コントロールが必要です。

こうした食事コントロールと併行して、運動を行うことが最も効果的になります。

それでも、なかなか運動する時間が取れないという方は、通勤やお買物へ行くときなど、車を使わずに、歩く時間を増やすように心掛けましょう。



 

正しいダイエット法記事一覧

酵素ドリンクと運動を併用して・・・

酵素ドリンクを飲んでいるからと、いっても痩せないという人もおられます。いくら痩せるために酵素ドリンクが良いといっても、飲むだけで劇的に痩せることができるわけではありません。...

基礎代謝量を知ってからダイエット!

短期間でからだに負担をかけずにダイエットするには水泳が一番だと思います。走ったりはしたくないという方でも、水の中ならば浮力があるので、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わり...

積極的に運動して食事コントロールを

酵素ドリンクを用いても効果が表れないという人もいます。どれほど酵素ドリンクに痩身効果があるといっても、利用しただけで急激に痩せるというものではありません。一食を酵素...

大幅な食事制限はダメ!

その昔、私がダイエットを決心した時、自宅でもできるダイエット方法として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉量を増加して体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早めのウォーキ...

運動で基礎代謝量の低下を防ぐ!

一般的には基礎代謝量の平均値は20代に入りだしてから徐々に減っていくものです。これは成長期が終わったこととともに代謝量が一定値に安定しだしたことと、運動量の減少のために筋肉...

無理しないで継続することが大切!

ダイエットをする時は、最初からあまり無理をしないこと重要です。ダイエットを始めた当初は、モチベーションも高いので少し無理しても行えますが、いつまでも続くわけではありません。...

痩せるための魔法の薬やサプリメントはありませんが・・・

「仕事場でのスタッフとのストレスで、最近は、自分でもどうしたのかと思うくらいに、過食に走ってしまっています・・・、二の腕やウエストはもちろん、顔の頬や顎にも脂肪がついて太くなってぷ...